キャンピングカーの情報サイト

キャンピングカーの種類

キャンピングカーと一口にいっても、用途などによって様々なタイプや大きさがあり、多種多様である。特に日本では軽自動車をベースとした小型のものから、バスをベースにしたような大型のものまで、日本の道路事情や用途などから様々なタイプのキャンピングカーが存在している。

自走式キャンピングカー

フルコンバージョン

通称「フルコン」。専用のベアシャシー(フレーム,駆動系、エンジンなどのみ)にキャビンの全てを架装メーカーが製造した
もの。シャーシを含めて自製されており、他社の完成車を改装したものではないため、正確にはコンバージョンでは無い。
生産国が北米のものは「クラスA」と呼ばれる。

セミ・フルコンバージョン

通称「セミフルコン」。バスボディの運転席より後部にプラットフォームフレームを組み、ハウスボックスを床下より設計し、
キャビンを一体化して設計・製作したもの

キャブコンバージョン

通称「キャブコン」。キャブ付シャシー(含む、ピックアップトラック、SUV、および、ワンボックス型車をベースにしたもの)にキャビンを架装メーカーが製造したもの。一般的にはトラックを改造したものが多い。昨今はワンボックス車のBピラーより後ろをボディカットして作られるものも多い。生産国が北米のものは「クラスC」と呼ばれる。

バンコンバージョン

通称「バンコン」。バン、ミニバン、ワゴン等をベースに架装メーカーが改造したもので、専らキッチン、サニタリー、就寝スペース等車内架裝に重点を置いたもの。乗車定員が10名以下で普通免許で運転できるものが多い。生産国が北米のものは「クラスB」と呼ばれる。

バスコンバージョン

通称「バスコン」。バス、マイクロバスのベースボディーをそのままに、架装メーカーが改造したもの。

トラックキャンパー

ピックアップトラックの荷台に搭載(脱着可能)するキャビンを架装したもの。別名として 「ピックアップシェル」 「ピックアップキャビン」など

軽キャンピングカー

通称「軽キャンパー」。軽自動車の貨物車や乗用車をベースにキャンピングを目的として設計・製造したもの(8ナンバー取得は問わず。ただし軽自動車登録のこと)。近年のキャンピングカーブームや団塊の世代の余暇で注目を浴びている。ベース車両の価格の低さ、低維持費、取り回し易さ、駐車場を選ばない、夫婦2人での使用が可能など、日本での使用スタイルにマッチしていることが人気の理由。

牽引式キャンピングカー

キャンピングトレーラー

けん引装置(ボールヒッチ、フィフスホィール)によって牽引されるシャシー(フレーム、車軸系などのみ)にキャビンを架装し製造したもの。別名としてトラベルトレーラー、欧州製のものは「キャラバン」

トレーラーハウス

基本的にトラベルトレーラーと同じだが、より大型で外観は家屋に類似しているもの 但し、床面積が37.16㎡を超えるものは含まない。別名として 「モービルホーム」 「定置型トレーラー」 「パークトレーラー」など

カーゴ・トレーラー

けん引装置(ボールヒッチ)によってけん引シャシー(フレーム、車軸系などのみ)にボックスまたは荷台を架装し製造したもので荷積載を主な目的とするもの(キャンピング車とは異なる)

ボート・トレーラー

けん引装置(ボールヒッチ)によってけん引されるシャシー(フレーム、車軸系などのみ)を架装し製造したものでボートの積載を主な目的とする(キャンピング車とは異なる)